水回りの工事

  • HOME
  • 水回りの工事

キッチン工事

シンクの高さ

シンクの高さ

一般的に、高さの出し方は身長÷2+5cmと言われています。身長が160cmの方は85cmということになります。しかし、これはあくまでも目安で、必ずこの高さがお客様にぴったりというわけではありません。もっと高い方がよいという方もいらっしゃるかもしれません。

自分に合う高さを知りたい方は、ショールームに行き、実際のキッチンの前に立ってみてください。そうすれば本当に自分が必要としている高さがわかるはずです。その時に、コンロ側で、お鍋の上げ下ろしや、お皿に移す動作などもひと通りチェックしてみてください。

あまり、高くし過ぎるとかえってコンロ側の作業がしにくくなってしまうこともあります。

換気扇

換気扇には、実に多くの種類が存在します。その中でも特にお勧めしたいのは、洗浄機能のついた換気扇です。日頃ちょっとしたメンテナンスが必要となりますが、大掃除の時に苦労するベタベタ汚れを落とす手間が省けます。
そのほか、洗浄機能はついていないものの、油汚れを奥まで取り込まないよう工夫されているものもあります。
昔ながらのプロペラ式の換気扇ではなく、そういった商品を使うことで毎日が楽しくなるかもしれません。

IHクッキングヒーター

安全、快適、お手入れが簡単なのが当たり前になってきたIHクッキングヒーター。オールメタルタイプもあり、使えるお鍋の種類も大幅に増えています。また、炎が出ないので熱の発生が少なく、夏場などは余計な冷房が必要ありません。
一方、ガスコンロも安全性が高まって、何かあれば自動で停止する機能も今では標準でついています。お手入れしやすい素材や形状になっているものもありますが、IHのように完全にフラットではないため、やはり手間はかかってしまいます。
炎がないと料理をしている気にならないとお思いの方もいらっしゃいますが、現在では多くの方がIHを使って料理を楽しまれています。エコキュートと合わせれば毎月の光熱費がお安くなる、「オール電化な暮らし」もぜひご検討ください。

コンロ

ユニットバス工事

タイル張りのお風呂の下地は腐っていることが多い?

床板や枠が腐っていれば、中を見なくても想像はつくのですが、目に見えない部分は見落としがちです。
工事を進めていくうちに、下地が腐っているのがわかり、後から高額の追加費用が発生した、という話も聞きます。
しかし、経験を積んでいる営業マンであれば見えない部分も予想することが可能です。
あらかじめ把握しておけば、実際にそうなった場合でも慌てる必要はなくなります。
見積りには組み込まなくとも、どのぐらいの費用が必要になるのか前もって把握しておきましょう。

タイル張りのお風呂の下地は腐っていることが多い?

ユニットバスの入り口はバリアフリーに

ユニットバスの入り口にはバリアフリー仕様のものがあります。何も言わずに金額だけを見て契約すると、段差のあるドアがついてしまうかもしれません。さらにドアの形状も大切です。
ご高齢の方がいらっしゃれば尚更なのですが、折れ戸をお勧めしています。 これは、万が一浴室内で倒れてしまった時に、開き戸だと救出が困難になる場合があるからです。また、片引き戸や三枚引き戸もありますので、ライフスタイルに合わせてお選びください。
設置後にドアを交換することは難しいので、契約前にきちんと確認しておきましょう。

ユニットバスの入り口はバリアフリーに

窓って実は重要なんです

最近では、今ある窓をそのまま利用して、ユニットバスへのリフォーム工事を行うことができます。でも、ちょっと待ってください。
浴室内がすぐに寒くなる原因としてユニットバス自体の保温性能のほかに、実は窓も大きく影響しています。大きな窓があった場合などは尚更です。
そこで、保温性能を向上させるために、ペアガラスサッシへの交換工事をお勧めしています。

窓って実は重要なんです

給湯器は大丈夫ですか?

ユニットバスに変えれば、スイッチひとつで自動的にお湯が張れると思い込んでしまっている方が多いようです。しかし、実際は給湯器自体が対応していなければできません。
そのため、自動でお湯張りをしたい場合は給湯器の交換が必要になる場合があります。
また、今の給湯器が自動でお湯張りできる場合でも、何年使っているかを考えてみてください。
給湯器の寿命は、設置場所や水道か井戸かなどの条件で前後はしますが、8年~10年と言われています。ユニットバスへのリフォーム工事をお考えの場合は給湯器の寿命も考え、年数が経っているのであれば別の時 期に交換するより一緒に交換する方がお得です。
給湯器が壊れる時は何の前触れもなく動かなくなりますので、真冬に突然動かなくなるような事態になる前に経過年数を確認しましょう。

トイレ工事

ドアの敷居、邪魔ですよね?

敷居とは、廊下とトイレの床を仕切っている部分のことです。
便器を交換する時に、床も一緒に直すことが結構あるのですが、床だけではなく敷居のことも考えておくといいでしょう。
何かの改修や交換のついでに簡単に工事できることはたくさんあります。
毎日使う場所だからこそ、少しでも楽で使いやすいかが大切です。

ドアの敷居、邪魔ですよね?

壁は水跳ねを考慮してメンテナンスが楽なものを

工事をする時に壁の汚れなどを簡単に拭けるようにしたいとご相談を受けることがあります。
クロスのままだと汚れがついた時にごしごしと強くこすることができません。
こうした場合、腰板やサニタリーパネルでの仕上げが理想的です。
「でも、予算が…」とお思いになるかもしれませんが、腰板などは安く施工する方法がありますので、一生使っていく長い時間を考えてぜひ一度ご検討ください。

将来を見越して

壁紙まで交換するのであれば、先を見越して手すり用の下地をつくってしまうことをお勧めします。
今は必要なくとも将来、必ず手すりが必要となる時期が来ます。
もしくは下地をつくって、すぐにつけてしまうのもよいかもしれません。
手すりはいざという時にあると本当に便利なものなので、ぜひ一度ご検討いただければと思います。

ページTOPへ