耐震工事

平成7年1月17日早朝、兵庫県南部をマグニチュード7.2の激しい揺れが襲いました。
震度は6強から7に達し、多くの人々が地震直後に倒壊した家屋や家具の下敷きとなりました。
そしてわずか15分の間に4,800人以上の方々が、身動きもとれないまま、
尊い命を落とされました。
倒壊した建物のほとんどが耐震性の不足した木造家屋です。
もし、この地震が東京湾直下で起こったら、いったいどうなるのでしょう。
皆さんにとって今、我が家は安心して過ごせる場所になっていますか?
『安全な住まいと快適な生活』を目指して木造住宅の耐震化を考えてみましょう。

耐震改修工事に関する「診断」「設計」「工事」に対し助成金が出ます。
まずはご自宅の「診断」からとなりますが、これは常時、市役所の「県土整備部建築指導課耐震防災室」にて受付をしています。

「県土整備部建築指導課耐震防災室」または「当社」にご連絡をいただければ、詳しい内容を説明いたします。
お気軽にお問い合わせください。

千葉県市原市耐震防災室  0436-23-9091

ページTOPへ