家づくりの豆知識

  • HOME
  • 家づくりの豆知識

最初にすることとは?

ほとんどの方が家を建てるのは初めての経験だと思います。
だから最初に何をすればいいのかがわからなくても当たり前です。
いつから住み始めるのか?
予算は?
住宅ローンの組み方は?
まずは自分たちの資金計画を含めた全体的な計画を立てる必要があります。
着手する時期を間違えれば入居が間に合わなくなり、資金計画を間違えれば生活を切り詰めるか、本当に最悪の場合、手に入れたマイホームを手放すことになってしまいます。
これは現実に起こっていることですので気を付けましょう。よく勘違いされるのが坪単価で総予算を考えてしまうことです。
住み始めるためには坪単価以外に色々な費用を考えておかなくてはなりません。
また、住宅ローンは買う時のことだけではなく、住み始めてからのことも考えておきましょう。
それらを熟知し、万全の体制で家づくりに臨んでください。
それでも、どう調べればいいのか、作っては見たけど正しいのかがわからないという時はお気軽にご相談ください。
お客様だけの家づくり計画を提案いたします。

最初にすることとは?

安さの裏側

価格が下がるということは何かが確実に削られているので、あまりに安過ぎると不安に感じるかもしれません
それは材料の価格や質、経費、あるいは職人さんの手間代だったりします。
その中で最も怖いのが職人さんの手間代が下がり過ぎることです。
すべての会社や職人さんがそうではないので詳しくは申し上げられませんが、恐れていることは現実に起こっています。
これは家づくりのプロの仕事としてあるまじき行為です!
家は、決して価格だけを見て買わないでください!

私たちはどうすれば住宅の品質を落とさずに低価格を実現することができるのか?
その方法を常に模索しています。
「絶対に住宅の品質・性能を落としてのコストダウンはしてはならない」
これが家づくりのプロとしてのこだわりのひとつです。

お客様へお引渡しが終わった後に
「頼んで本当によかった。ありがとう!」
こう言っていただきたいと願っています。
間違っても
「安いから仕方ないか…」
などと言われる仕事はいたしません。

安さの裏側

見学会の心構え

一生に一度のことですから色々とご覧になられるのはよいことだと思います。
ただし、その時は目的をしっかりと持って見学することをお勧めします。
なぜなら、モデルハウスはあくまでもモデルなのです。
洋服を引き立たせるファッションモデルさんも、残念ながら自分たちとは明らかに異なると感じませんか?
建物もまたよく見せるための細工や商品のグレードアップをしています。
豪華なモデルハウスを見ると気持ちが高まり自分を見失いそうになりますが、そこは冷静になり気持ちをクールダウンさせましょう。
家づくりを確実に成功させるために何をしに行くのか?
目的をはっきりさせてから求めている答えを探しに見学会に行きましょう。

見学会の心構え

貴重なお施主様のお話を聞く

実際に家を建てて住まわれている方のお話はとても勉強になります。
モデルハウスではなく、実際にその家に住むために設計されたからです。
生活動線や住環境、使用材料や住み始めて初めて気づくこと。
もちろん、お施主様のお話がすべての方に当てはまるわけではありませんが、参考になることやなるほど!と思うようなことはたくさんあります。

貴重なお施主様のお話を聞く

材料の特徴(長所と短所)を知る

家を建てるには様々な材料がと、種類が存在し、
それぞれに長所と短所があります。
例えばムクの床の特徴として

  • 温かく、肌触りがよい。
  • 少しの傷やへこみはある程度修復できる。
  • メンテナンスに手間がかかる。
  • 時間が経つと色が変化する(日焼け等)
  • シミになりやすい。
  • コストアップ。
  • 湿度の変化で継ぎ目の広さが変わる。

などがあります。
これらは人によっては長所とも短所とも受け取ることができますし、あるいはまったく気にならないということもあるでしょう。
ただ、この特性を知らずに見た目のイメージや思い込みで使ってしまうと、こんなはずではなかったと後悔することになります。
そうならないためには、事前に希望する材料についての特徴をしっかり確認し、住み始めてから起こりうる状況を想定しておきましょう。
一番確実なのは、希望する材料を使っていて、実際に住んでいらっしゃる家を見せていただくことです。
できるだけ自分の目で確認して、納得した上で決めることをお勧めします。

材料の特徴(長所と短所)を知る

希望を伝える

家を建てる際には色々な想いやこだわりが出てくるものです。
大切なのは、希望を相手にどのように確実に伝えるのか?
これは細かくなればなるほど言葉の情報だけでは難しくなってきます。
もしかしたら捉え方の違いが生じるかもしれません。
そこでスムーズに意志を伝えるためにあると便利なのが、雑誌の切り抜きや実在する建物の写真などです。
目で見る情報があれば、簡単かつ確実に伝えることができます。
もちろん、これらはなくとも設計をすることは可能ですが、その時は提案された内容が自分の希望に合っているのか、念入りに確認してください。

希望を伝える

アフターメンテナンス

住み始めた後のアフターメンテナンスについても確認をしておく必要があります。
定期点検は大切な住まいの定期検診です。
家は数多くの材料と職人さんの手によってつくり上げられます。
もしかしたらちょっとした部分で調整が必要なことも発生するかもしれません。
お伺いした時に、ドアの閉まり具合の微調整を依頼されることがあります。
また、使用している部材のメンテナンス時期がきた時などに困ることがないように、定期的な訪問を行っています。
もちろん急な困り事があった場合はすぐにかけつけますので、ご連絡ください。
わたしたちは迅速な対応ができるように施工エリアを限定しています。
どんな家を建てるのか?という部分に目が行きがちですが、アフターメンテナンスは同じくらい大切なことです。ずっと安心して住んでいただくためにもアフターメンテナンスの体制を確認しておきましょう。

アフターメンテナンス

とにかく色々聞いてみよう!

家を建てるということは形のないものを買うということです。
聞きたいことがたくさんあると思います。
お客様はご自身が建てたい家について納得いただけるまで何でもご質問ください。
私たちはメリット、デメリットを含めすべて誠実にお答えしたうえで、アドバイスをさせていただきます。
遠慮せずにどんどん質問をすることが大切です。
「電話を家にかけてほしくない」「電話で聞くのはちょっと怖い」という方はメールでのお問い合わせも受付けておりますのでこちらもぜひ、ご活用ください。

とにかく色々聞いてみよう!

faq

どの時点でお問い合わせをすればいいですか?

家を建てようと思ったら、なるべく早い段階でご相談ください。些細なことでも、プロの目からみた最適な提案をさせていただきます。

土地探しから行ってもらえますか?

ぜひご相談ください。
土地探しも含めた、提案をさせていただきます。エリアやご予算・ご要望などをお聞かせください。

見積りに費用はかかります?

お見積りに費用は一切いただきません。安心してご相談ください。
ご予算に合った提案をさせていただきます。

上棟から完成までどのくらいの日数がかかりますか?

通常約3ヶ月~4ヶ月かかります。
天候や季節、時期によって若干前後することはありますが、基本的に棟上げから引渡しまで約3ヶ月程度とお考えいただければと思います。

住宅ローンは夫婦の収入を合わせて利用することができますか?

利用することができます。奥様のお仕事がパートでも大丈夫です。
ただし、金融機関によって条件などが異なる場合もありますので、併せてご相談ください。

家を建てる費用はどのくらいかかりますか?

家を建てるといっても様々な要素があり、土地や建材によっても費用は異なります。
なるべく低コスト高品質でお客様のこだわりを実現できるように、提案させていただきます。
お見積りは無料ですので、ご検討の場合は、まずは一度ご相談ください。

注文住宅であれば、どんな家でも建てられますか?

残念ながら、どんな家でも建てることができるわけではありません。
地域や敷地に関するもの、家の広さや高さ、建材などに対する法規制があり、家を建てる際に影響します。
法規制も踏まえて、お客さまのお好みやご要望に合わせた、最適なプランを提案させていただきますのでご安心ください。

ページTOPへ