バリアフリー工事

  • HOME
  • バリアフリー工事

介護改修工事

体の不自由な方やご高齢の方に対しての助成金制度があります。毎日の生活をより安全で快適にし、予防、自立を目的とした制度です。
当社では今まで数多くの助成金を利用した工事を行ってきましたが、どなたもとても喜んでいただいています。
工事を行うことでひとりで行える行動範囲が広がり、状態がどんどんよくなる方もいらっしゃいますので
ぜひ『助成金制度』をご活用ください。

助成金制度の内容と条件等は下記をご参照ください。

介護予防住宅改修

適用条件

下記の認定を受けている65歳以上の方

  1. 要介護認定1~5
  2. 要支援認定1、2
【助成金】

20万円を限度とし1割負担(20万円の工事費であれば2万円が自己負担)

【対象工事内容】
  1. 手すり工事
  2. 段差解消工事
  3. 引き戸への扉の交換工事
  4. 和便器から洋便器への交換工事
  5. すべり防止のための床材変更工事

※要事前相談

介護予防住宅改修

高齢者住宅改造

移動や歩行が困難な方の居住する住宅の改造に対し、費用の一部を助成します。

適用条件
  1. 65歳以上の方
  2. 介護認定を受けている方
  3. 同居家族の最多収入者の市民税の所得割額が16万円未満
【助成金】

改造に要する費用の内50万円を限度とし、2分の1まで

【対象工事内容】

介護予防住宅改修と同じ
※要事前相談

高齢者住宅改造

重度身体障害者の住宅改造

移動や歩行が困難な方の居住する住宅の改造に対し、費用の一部を助成します。

適用条件
  1. 65歳以上の方
  2. 介護認定を受けている方
  3. 同居家族の最多収入者の市民税の所得割額が16万円未満
【助成金】

改造に要する費用のうち50万円を限度とし、2分の1まで

【対象工事内容】

介護予防住宅改修と同じ
※要事前相談

重度身体障害者の住宅改造

工事費の支払い

介護予防住宅改修
【償還払い】

工事費を一旦全額支払っていただき、後日市より助成金が振り込まれます。
※市町村により内容が異なる場合があります。
お気軽にお問い合わせください。

【受領委任払い】

助成金を除いた分のみのお支払いとなります。
※当社では工事終了時にお支払いのご負担の少ない「受領委任払い」にて対応しています。

高齢者住宅改造費(償還払い)
重度身体障害者の住宅改造費(償還払い)
ページTOPへ